顧問税理士の役割

>

経営パートナーとしての税理士

経営パートナーとしての税理士

顧問税理士は会社の経営状態を一番よく把握しています。
単純に言えば、業績が好調なのか、不調なのか、設備投資はいつ行えばいいのか、新商品への投資はいつごろがいいのか、本来、経営者が把握していることが一番いいのですが、簿記に疎いと税理士に頼らざるを得ません。

そもそも、税理士業務は税務調査の保険と言われています。
節税対策でも触れましたが、経営コンサルティング業務を多く求めるのであれば、顧問契約料金に付加されてしまうかもしれません。

しかし、経営者が簿記に精通していないのであれば、会社を正しく成長させる手段として、大いにメリットがあると言えるでしょう。

投資の判断を見誤って、倒産、廃業させないために顧問税理士と二人三脚で成長させていくことも優良経営の選択肢の一つです。

税理士の選び方

会社の大事な財政情報を預ける、パートナーと成りうる税理士を探すのは大変なことです。
一番いいのは、知り合いに紹介してもらうことでしょう。

税理士もいろんなタイプがいます。
大手事務所もあればこじんまりとした小規模事務所もあります。

それぞれに良さがあります。
大手であれば人員が豊富なので、急な事案にもすぐに対応してもらえそうですが、小規模となると社長と社員数名で、数十社の顧問を引き受けてるとなると、急な対応は難しいかもしれません。

しかし、小さいところはベテラン精鋭が担当してくれるので安心して任せらせます。

税理士も得意不得意があると聞きます。
契約するまでに何人かに直接会って、話を聞いて、相性がいい相手をみつけることが大事です。


この記事をシェアする